PHPで遊んでみよう

前々からやってみようかと思っていたんだけど、なかなか時間なくて出来なくて先延ばしにしてたPHP。
とりあえず、ローカルに設定して動かせるようにしてみた。
僕が借りているレンタルサーバは、PHPもDBも使えるから、そのうちなんか作ろう。
PHPのリファレンスはざっと読んでみたけど結構簡単そう。

ってことで、忘れないように、設定したときのメモ。

まずは、PHPをダウンロード。
http://www.php.net/downloads.php ここから「PHP 4.3.9 zip package」(2004.10現在)これをダウンロードする。
インストーラ版もあるけど、機能制限されているからZIPパッケージ版の方を使う。

ローカルで動かすため 事前にAN HTTPD Daemon をインストール。

ここからが設定メモ(ちなみにOSはXP)

PHPは、ダウンロードして解凍した物を C:\PHP へコピー
「C:\PHP」フォルダの「php4ts.dll」を「C:\WINDOWS\system32」へコピー
「C:\PHP」フォルダの「php.ini-dist」を「C:\WINDOWS」へコピー
「C:\WINDOWS」へコピーした「php.ini-dist」を「php.ini」にリネーム
 ↑
※注意:
「php.ini-dist」は、先にコピーしてからリネームしないと「php.ini」が
PHP.EXEのルートにも残ってしまい、意図した動きにならない。

「C:\WINDOWS」の「php.ini」をエディタで開き、下記の設定を変更する。

; cgi.force_redirect = 1
 ↓
cgi.force_redirect = 0

これを忘れると、

Security Alert! The PHP CGI cannot be accessed directly.
This PHP CGI binary was compiled with force-cgi-redirect enabled. ...

などと言われ怒られる。

次に「AN HTTPD Daemon」の設定を追加。

「AN HTTPD Daemon」のオプション一般から「一般」タグを選択し、拡張子登録リストへ下記の拡張子を登録する。

拡張子に、.php,.php3,.phttp を入力
実行するにチェック
実行プログラムには、C:\PHP\php.exe を入力
一般パスで実行にチェック、PATH_TRANSLATEDを使うにチェック
後の2つはチェックしない

これで全ての設定は完了。

下記の内容でを「Hello.php」とか「Hello.phtml」とかで保存してブラウザで確認し、「Hello, PHP!」と表示されればOK。
(もちろん「AN HTTPD Daemon」を起動しておかないとダメよ)

<HTML><BODY><?php print "Hello, PHP!\n"; ?></BODY></HTML>