続 博多ラーメン 清水屋

前回食べられなかった「赤」と「黒」を食いにいってきた。
もちろん、1回に食えないんで2回にわけてね。

ってことで、地元贔屓じゃないけど、2つめのレポートでっす。
場所とかは前回のレポートを参照してね。

shim11.jpgまずは「赤」だ。
写真じゃ分かりづらいけど、レンゲの左にある梅干しみたいなのが辛味噌になってて、これをといて食べなきゃ普通の「白」と同じ。
一見辛そうに見えないんだけど、混ぜちゃうと意外と辛いんだな。
僕的には、まだ少し辛みが足りなかったから、備え付けで無料の高菜辛和えをてんこ盛りで入れてやった。
おかげで次の日はケツの穴がカチカチ山さ。
shim12.jpgこれは「赤」の麺。
麺にも唐辛子が練り込んである。
ってことで、僕は頼まないけど、替え玉も「白」と「赤」が選べる。
麺の堅さは「ばりかた」。ちょっと堅すぎ。
通はその上の「はりがね」だそうだが、さらにその上の「こなおとし」って、もしや麺そのままで、お湯にも入れないのか・・・?

ちなみに「赤」は550円。白より「100」円高い。
shim13.jpgこれは「黒」。
黒ゴマと焦がし醤油だそうだ。
いまいちインパクトに欠けるかな。
これは「赤」よりさらに100円高くて650円。
これなら「白」の450円の方が、コストパフォーマンス全然良いな。
あー そうだ。やっぱ麺の堅さは「かため」で丁度良かった。
きっと「はりがね」って、皿うどんの揚げ麺に、あんで少しふやけた萎びた麺ってとこかなぁ?
通の人怒らないでね。こんなの主観的なことだから人それぞれだし。
shim14.jpgこれが店の構え。
カウンター席しかなくて、「赤」食いにいったときは行列が出来てた。
僕は並んでまではラーメン食わないけどね ;-P