ハワイサーフトリップ Aug/2005

  • 投稿:
  • 更新:2014年6月10日
  • by
  • in

表も裏もわからないくらい焦げてしまった・・・。
ハワイサーフトリップ(というかそれが主目的じゃないけど)からたった今帰ってきた。
今日は1日が長い。
しかも既に4食も食っていて、さらにこれから夕飯なのだ。
腹減った・・。

ってことで、太陽でほとんど溶けてしまった脳味噌にかろうじて残っている波乗りの記憶です。


毎日、朝と夕方に1ラウンドづつ入った。やっぱ8月は波乗りのハイシーズじゃないから、波は4月に行ったときに比べると小さい。
とはいえ、セット間隔は長いけど、セットが入れば肩~頭位は上がる。
今回は、まったく移動せず、ポップスでずっと入ってた。
ホテルの正面で歩いていけるしね。
それに、ワイキキで一番遠いアウターリーフのポイントなので、まったくのビギナーはあまりこない。(これない?)
ワイキキメインのカヌーズが激込みの無法地帯となっていても、ここは比較的ちゃんとルール通りに波乗りできる。
セット入ると5、6人はテイクオフしてくるけど、スタンディングファースト、もしくは、あきらかにピークにいれば、ローカルでもちゃんと波を譲ってくれる。
たまに突っ込んでくる、ビギナー&ビキニのサーファーガールはいるけどね。

ダイアモンドヘッドからの展望ダイアモンドヘッドから撮った写真。
かすかにうねりが届いているのが分かるかなぁ?
ワイキキはこの写真よりまだ右側になるから、ここはダイアモンドヘッドの下のポイントになる。
ダイアモンドヘッドも10年ぶりくらいに登ってみた。

さすがに、ずっと同じポイントで入っていると、ポイントのクセも分かってくるし、ローカルの顔も覚えちゃうから、だんだん波乗りも楽になってくる。
ポップスは、岸に向かって少し右にシフトしながらレギュラーに割れていくので(いつもそうかは知らないけど)、体力のあるうちは、少しアウトの左で奥から乗るとセットのデカイ奴が狙える。。
疲れてきたら、そのフォールラインに沿ってアウトのラインナップより更に10m位インサイドでミドルサイズのやつを狙う。こっちの方が本数乗れるから、サル化したいならベストポジションだ。
正面がシェラトンなんで、丁度良い目印になる。

何本かは、ショルダーがビシーっと張って、スーパーロングライドできるのが入る。
そんな波はカットバックしないで抜けていくと、途中でもう1、2度ピークが盛り上がってくるから、ビハインド気味に先のピークに回り込んでやると、勝手に板を当て込んだみたいになって、またトップから大きなボトムターンが出来る。

ローカルのおっさんが

” You good ride! ”

超楽しい。
小さな子供もショートでパタパタ寄ってきて拳を当てに来る。

” Ye~y! ”

そしてパタパタとアウトにパドルしていく。
これは超可愛い。

まぁ、そんなこんなでマジ楽しいのだ。

波乗りに行く途中で何度か車の中から見かけたことはあるんだけど、始めて途中で下りて見てきた。
「このー木何の木、気になる木ぃ~♪」の木。
マジですっげーデカイ。
このー木何の木、気になる木ぃ~♪

さて、今回は波乗りばかりじゃなくって、運転手としても活躍しているのだ。
ハワイでの運転も何年かぶりだけど、どうも苦手。
ワイキキは一方通行だらけだし、ハイウェーではやっぱりICで間違う。
(そして、必ず何度かはウインカーとワイパーを間違う)
方向感覚は悪く無いはずなんだけど、この木何の木見に行くのに、2回もUSネービーのゲートに行っちゃうし、ノースに行くつもりが東のカニオヘに行っちゃってH3経由だし・・・。
んー何故だ・・・。
そもそもちゃんと地図を確認しないで、適当に走るからいけないんだけどね。

ハレイワタウンにてノースはどうせ波無いだろうと思ったからボードは積んで行かなかった。
これはノースタウンでみかけた車(たぶんボードも飾り物)。我が者顔でパシャリ!。
ここは何度か入ったポイントで、グーフィーへ良い波が立つ。
映画「ブルークラッシュ」で、主人公の女の子達がフットボールの選手達に波乗りを教えていた場所。
この日のノースは風が強かった。
空はどこまでも青くて日差しは強烈。
波は超フラットでカメが泳いでた。
もっともカメは波があったって泳いでる。
ハレイワビーチの公園

今回ずーっと天気が良かった。僕は晴れ男だしね。
スコールもパラパラとしかこなかったけど、ちょうどその時アウトに出ていて、ワイキキのホテルのバックにかかる虹が素晴らしく綺麗だった。

昼間はあまりに暑くて波乗りするきにもならないくらい。
木陰で昼寝するに限る。
車の中でも窓全開にすればエアコン入れなくてもすごく気持ちいい。
日差しは強烈だけど、木陰の風は優しい。

サーフテックの 9'8今回の相棒。
9’8と前回の9’6よりも更に長め。
ちょっと動きが重いけど、慣れちゃえばあまり長さを感じない。

板は、今回もコアボードのお世話に。
ここで板レンタルした後に買い物すると20%OFFになるみたい。
フィンとか$30台で買えると思う。(たぶん)
僕は、ロングのセンターフィンとステッカー3枚買って50数ドルが40ドルくらいになったから。
ほとんど日本人御用達のショップで、板にステッカーもはってあるから、アウトでJガールに逆ナンパされてしまった。
んー もう少し可愛かったらランチくらい付き合ったんだけどなぁ。

最終日は午前中フリーになったので、8時から1時まで波乗り三昧。
この日は少しサイズもあがって、セットで何本か頭オーバー位のが入ってくる。
これが少し右よりに不定期に入ってくるから、早めにパドルして追いつかないと、せっかくのセットを逃してしまうばかりか、半端な位置だとグルグル巻きにされちゃう。
でも、何本かこのスーパーセットをGet出来たので、最終日〆の波乗りはすごく良かった。

後半から左肩に持病の関節痛が出てたんだけど、なんとか痛み止めで抑えながら結局1日も欠かさず5日間波乗りできた。
さすがに、肩はパンパン。

サンセットの夕焼け。
この夕焼けが見られるオープングリルのレストランは、自分でオーダーした肉や魚を焼いて食べることができる。
値段も安いし、波乗りで腹減りの体に、ガツガツとタンパク質を取り入れる。
何度きてもまた来たくなる。
ショアバード前のビーチ

おまけ

行きは成田に早く着きすぎて暇をもてあましたんだけど、やっぱり早く来た甲斐はあった。
ビジネス席はしつこく粘ってもダメだったけど、2階席の最前列が確保できたから、ゆったり足は伸ばせるし、またもハルシオンのおかげで爆睡。
行きの飛行機でちゃんと寝られると到着した初日からしっかり波乗りできるからね。

そして帰りは映画三昧・・・
にしようかと思ったけど、けっきょく寝ちまって、観たのは2本だけ。
ザ・インタープリター」と「Be Cool
両方面白かったのだけど、「Be Cool」が良かった。
トラボルタ主演のコメディで、この人、中年になってからメッチャかっこよくなったなぁ。
「フェイスオフ」や「ソードフィッシュ」もかっこよかった。
「Be Cool」はシリーズものの2作目だそうで、1作目も観てみたいぞ。

おしまい  alo ~ ha♪