旧版のSurfTideは名前を改めSimpleTideになります

SimpleTide_promo.png

旧アプリとなる SurfTide / SurfTide free は9月末をもって終了する予定でしたが、まだ利用される方も多いので、10月より名前を変更して公開を継続することにしました。既にストアの申請は通過しているので、10月1日からバージョンアップが可能となります。
ただし、このアプリのウェザー情報については9月末をもってサービス終了となります。新しいバージョンではこれら気象情報機能は削除されています。

タイドとウェザーを同時に見たい方は、是非「SurfTide7」をダウンロードして利用してみて下さい。
タイドだけのシンプルな機能で良いよって方は「SimpleTide」をお使い下さい。

作者としては新しいバージョンの「SurfTide7」の方を使ってほしいのは山々ですが、やはり使う方優先ということで、こんな形で残すことにしました。
で、せっかくなので、ストアの説明も一新してみました。10月からストアではこのような説明のスクリーンショットになります。
はい、ムダに頑張るのが好きです(笑)

This is Bombay blues custom. It's my new board! (^.^)

IMG_7141.png

昨年は色々出費が多くて(まとめてウェットを作り替えたので…)なかなか新しいボードに手が出なかったのですが、なんとかやりくりできたので3末にオーダーしておいた板です。「出来たよ〜」って HRS-surf さんより連絡あったので発送してもらって昨日集荷センターからピックアップしてきました♪
何年か前にオーダーして調子の良かった(今も使ってますけど、あまりに調子良すぎるからもったい無くてなかなか使えない…)BombayBluesのサイズを少しだけ長くしてテールをスカッシュに変えて貰いました。

IMG_7137.jpg

ワックスアップもしたので準備完了です。
この週末波が良さそうなら初乗りしてみたいと思います。

SurfTide7 for iOS v1.8.2 リリース

  • 投稿:
  • 更新:2016年8月18日
  • by
  • in

IMG_7126.png

立て続けのアップデートで申し訳ありません。これで v1.8.x の更新は一段落する予定です。

主な修正点としては、タイドグラフの背景にメッシュ(目盛り)を表示できるようにしました。
デフォルトでは「無し」に設定されているので、メッシュを表示したい場合はアプリの設定から「グラフにメッシュ」を変更して下さい。
メッシュのタイプは「粗い」と「細かい」があるので好みの方を指定できます。
上記のスクリーンショットでは少し解りづらいかもしれませんが、淡くグレーでメッシュを作画しています。昼表示でも同じくメッシュは表示されます。

その他、細かな表示上の調整をしていますが、これは多分気づく人はいないかと思います。はい、「細部にこそ神が宿る」Jobsの精神です(笑)

Jobsといえば、新しいiPhone7ですが、彼が生きていたらなんて言いますかねぇ〜?
俺は未だに iPhone5s が過去最高のiPhoneだと思うんですけど…
やっぱ iPhoneSE にしようかしら。

SurfTide7 for iOS v1.8.1 リリース

  • 投稿:
  • 更新:2016年8月16日
  • by
  • in

apply_00_02.png

夏休みを取っていたので連絡遅くなりましたが、SurfTide7 for iOS v1.8.1 リリースしています。
その数日前に1.8.0リリースしたのですが、気象情報の風向表示が3文字(例えば北北東)になるときに見切れてたのにリリースしてから気が付き急いで修正しました。
最近なんだかアップルストアの申請通過メッチャ早いですねぇ〜。アップデート申請後約2日程度でリリースされるようです。

v1.8.x からiPhoneの全デバイスネイティブ表示になったので、iPhone6系のスクリーンショットも必要になってきました。
なので、ストアの説明画像も全て作り替えてみました。これらの背景写真は7月にサーフトリップにハワイに行った時に撮影したものを使ってます。なかなか爽やかな感じになってます。

で、現在 v1.8.2 をリリース準備中(テスト中)です。
大きな変更はないのですが、UIを少しブラッシュアップしています。それからタイドグラフにメッシュ(目盛り)が欲しいとのユーザーさんからの要望があったので、それを追加したりしてます。
あと数日でリリースできると思います。

SurfTide7 の iPhone6シリーズ対応でどれくらい画面表示が変わる?

  • 投稿:
  • 更新:2016年8月 5日
  • by
  • in

iPhone6s にて、現在のバージョン(ストレッチして拡大表示)と、次期バージョン(機種別にネイティブ表示)でどれくらい画面の雰囲気が違うか比較してみました。左が現在のバージョンで右が次期バージョンです。
主要情報は、次期バージョンのフォントサイズ等は調整して、現在バージョンになるべく近くなるようにデザインしています。
(iPhone5シリーズ以下では変化ありません)

IMG_7002.png
これはTOP画面ですが、大きく変わったのはウェザーポップアップが3行になった部分です。あと、TOP近くにある日付ピッカーの選択が増えてます。

IMG_7003.png
場所の選択も2行分位増えますね。

IMG_7004.png
カレンダーピッカーはあまり変化ないですが、大潮で「満月」の場合は円の枠を太くしています。

IMG_7005.png
気象情報は、画像だと開始時間が左右違うので解りづらいですが、1時間ほど多く表示できてます。iPhone6/6s-Plusだと更にもう1時間多く表示できます。

IMG_7006.png
潮汐の詳細情報はほとんど替わり有りません。

と、まぁこんな感じです。
あとは、昨日紹介したとおり「ナビゲーションメニュー」が追加されます。これはタイド部分を上にフリックすると現れます。下にフリックすると本日に移動できる機能はそのまま残ってます。

SurfTide7 for iPhone アップデート予定 その2

  • 投稿:
  • 更新:2016年8月 4日
  • by
  • in

IMG_6992.png

以前にお伝えした通り、SurfTide7 for iPhone アップデート作業中です。
主に、iPhone6シリーズ(6/6s/6-Plus/6s-Plus)の画面サイズに最適化する作業になります。
今までこれらの機種では、画面サイズにストレッチさせていたので、いわゆる拡大表示のようになっていました。ただ、これ、単に最適化してしまうと、今度はフォントとか小さくなっちゃって見づらくなるので、そのあたりもデザインのバランスを考えながら調整しています。

画面が広くなった分、これらの機種ではウェザーポップアップ情報も1行増やして、もう少し先の予報も表示できるようにします。
上の画像は、iPhone6s での開発途中のスクリーンショットです。

で、これだけだと、iPhone4/5シリーズを使っている方にはバージョンアップのメリットがないので、それ以外もUIを調整したり、ナビゲーションメニューを追加して他の情報へもアクセスできるようにしてます。

多分8月中にはリリースできるんではないかと思います。

requpo(リクポ)リリース! だそうです

  • 投稿:
  • 更新:2016年7月29日
  • by
  • in

requpo(リクポ)

以前一時期一緒に働いていた友人が、仲間と始めた会社で作成したアプリをローンチしました。
美容室と美容室を利用したい人のマッチングアプリです。
俺も登録してみましたが、ニックネームとメアドとパスワード入れるだけで簡単に登録できて利用できます。
現在は関東圏の「渋谷/表参道/原宿」のみで展開ですが、世界征服(じゃなかった…)全国展開するようです。


「requpo(リクポ) - 日本初の”検索がいらない”美容室予約アプリ」

シンプルで使いやすいデザインですね。
さて、俺もトリートメントする美容師でも探すかなぁ。ロン毛のサーファーは髪の毛パサパサ…

そねちゃん、がんばれよ!
メジャーになって俺のアプリも宣伝してね(笑)

旧版 SurfTide / SurfTide free のストア公開終了のお知らせ

  • 投稿:
  • 更新:2016年8月24日
  • by
  • in

2016年9月末をもって旧版となる SurfTide / SurfTide free のストア公開を終了する予定です。
詳細はこちらを参照下さい。

これら旧版をお使いの方はなるべくお早めに最新版となる「SurfTide7」へ切替下さい。
最新版は旧版とは別アプリとしてストアに公開しているので、自動でアップデートになりません。新たに「SurfTide7」をダウンロードしてご利用下さい。
以下よりダウンロードできます。


タイド&ウェザーアプリ SurfTide7


追記:2016/8/24
終了する予定でしたが、名称を変更し継続して公開を続けることにしました。
ただし、天気情報の表示はなくなります。詳しくはこちらを参照下さい。

旧版 SurfTide の天気情報停止のお知らせ

  • 投稿:
  • 更新:2016年8月 1日
  • by
  • in

SurfTide / SurfTide free ですが、「SurfTide free」の方を v1.1.5 にアップデートします。
これは広告配信の機能改善で、Googleより「古いバージョン使ってるともうサポートしないよん!」って連絡があったので、とりあえずiOS5.xで稼働可能な最新ADライブラリに差し替えて現在AppleStoreに申請しています。(既に公開済 7/25)

ただ、最新OSへ以降となるため幾つか弊害も出ています。
あまり大きな問題ではないのですが、「天気情報取得でエラーになったときにモーションセンサーが反応しなくなる」等の軽微なバグが残ってます。これシェイクしてカラーの切替するだけなのであまり使ってる人も居ないと思いますけどね。
既に後継となる「SurfTide7」がありますので、旧版をご利用されている方は早めにそちらへ移行して下さい。
機能も大幅にアップしており天気情報も7日分1時間毎の詳細情報が見られるようになっています。
有償版の SurfTide をご利用の方は、SurfTide7へ移行後もそのまま広告無しの設定にすることができます。

それと、旧版では天気情報の取得に WorldWeatherOnlineのフリーデータを利用しています。
これ、現在はフリーのサービスが無くなっているので、たぶんそのうち利用出来なくなるのではないかと思います。
(SurfTide7では作者が料金を払って有償データを購入してます)
なので、SurfTide / SurfTide free の旧版アプリは、アプリの公開終了をもって天気情報の更新も停止します。この機会に是非「SurfTide7」に切り替えて見て下さい。

また、SurfTide / SurfTide free は、アプリの公開そのものも2016年9月末をもってストアから削除する予定です。削除後はストアからダウンロードできなくなるので、SurfTideからSurfTide7への広告無償削除もできなくなります。切り替える方はお早めに!!

追記:2016/7/25
終了のアナウンスページを作成しました。近日、アプリ起動時のダイアログにてこのページを通知するようになります。

SurfTide7のウェザー情報取得タイミングについて

SurfTide7(iOS/Android共通)は有償で「World Online Weather」からオンラインで気象情報を取得しています。
このサービスには制限が有り、1日に一定数のリクエストしか受け付けてくれません。制限数を超えると情報が取得できなくなります。そうすると、このアプリを利用しているみんなが困ります。
気象情報はだいたい6時間毎に更新されるので、同じ地点で6時間以内に何度リクエストしても同じデータが戻るだで、その分はムダなリクエストになります。

以上のような理由により、アプリはダイレクトに「World Online Weather」にアクセスするのでなく、自前のサーバ(以下キャッシュサーバ)を経由してリクエストします。
このキャッシュサーバから「World Online Weather」へリクエストするのですが、キャッシュサーバはリクエストしたデータを一定時間保存するようにしています。つまり、キャッシュサーバが保存している情報が古くならない限りは「World Online Weather」へリクエストするのではなく、キャッシュサーバで保存しているデータをアプリに戻します。
この保存期間が6時間になっています。ただし日付をまたがって保存することはありません。

キャッシュサーバはアプリを使っている全てのユーザーから気象情報のリクエストを受けます。
たとえば、Aさんが「江ノ島」のデータをリクエストしたとします。このとき、その日に誰もまだ「江ノ島」のデータをリクエストしてなければ、キャッシュサーバは「World Online Weather」へリクエストし取得したデータを保存します。
次に、Bさんが同じ「江ノ島」のデータをリクエストすると、キャッシュサーバは保存しているデータが6時間を経過していない場合(且つ同じ日付の場合)は保存データ(つまりAさんがリクエストした時間のデータ)をアプリに戻します。
アプリで表示している更新時間は(下記画像の赤枠部分)、キャッシュサーバでデータを保存した時間になってます。

IMG_6932.png

ざっと説明すると、キャッシュサーバはこのような手法でムダなリクエストを出すことなく気象情報を取得しています。

さらに、アプリ(デバイス側)でもデータは保存してます。
一定時間はデータが変わらないわけですから、今度はアプリから見ると毎度データをサーバにリクエストするのはムダです。パケットも消費するしバッテリーも消費しますから。
なので、アプリ側では一度サーバからデータを取得すると3時間を経過していないと(ウィジェットは1時間)キャッシュサーバへリクエストしないように作っています。
キャッシュサーバで保存している時間より短いのは、複数のユーザーがキャッシュサーバへアクセスするので、必ずしも自分がリクエストした時間から6時間ではなく、もっと早く更新されるかも知れないからです。 アプリの設定で「キャッシュ削除」を処理すると、アプリ保存データのクリアになります。キャッシュサーバには影響しないので、アプリ側のキャッシュを削除しても必ずしも更新日付が変わるわけではありません。

キャッシュサーバは2機別々のロケーションで稼働しています。(まぁレンタルですけど)
どちらかのサーバが死んだらアプリの設定から切り替えられるようになってます。
プライマリが「PINEAPPLE」でセカンダリが「TANGERINE」です。どちらを使っても構わないのですが、それぞれでデータが保存されているので切り替えるとデータの更新日付も変わります。

当然ですが、キャッシュサーバで保存しているデータをアプリに戻す方が表示のレスポンスが早いです。
なので、早朝に「あれ?データ取得がちょっと遅いな??」と感じて、取得したデータの更新時間がオンタイムなら、世界中でその場所のデータを取得した最初ユーザーになります。きっとその日に何か良いことがあります(笑)

長い文章を読んで頂いてありがとうございます。
なるべくコンピュータ用語を使わないで書いたのですが、何となく解っていただけたでしょうか?