「天気と風と波」for iOS v1.0.2 リリース

s_sw_jma_20201022_1.png

「天気と風と波」for iOS v1.0.2 をリリースしました。すでにアプリストアで公開されています。

TOPページでプルダウンアップデートを実装しました。30分毎に自動更新するのですが、まぁせっかちな人向けですかねぇ(笑)
というか、こういうUIは使う側も期待するので(自分もそうです)実装しておきました。
ただし、気象庁のデータ更新タイミングは3時間毎なので頻繁に更新しても結果は変わりません。

もう1つは、カードの移動や編集のUIを追加しました。もともとナビゲーションメニューの一番右のボタンで編集モードになり、ドラッグ&ドロップで入れ換えたり、削除したりできるのですが、カードからダイレクトに操作できても便利かと思ったので実装しました。
もっとも、これはAndroid版を実装している途中で、ドラッグ&ドロップやスワイプでの編集がイマイチ使いずらかったので、Android版へ実装する予定だったのをiOS側にも実装しました。

「天気と風と波」のAndroid版の状況その1

s_sw_jma_001.png

各アプリストアでのレギュレーション変更対応とかでなかなか進みませんが、とりあえずそちらは iOS については目処がついたので、そろそろ頭をAndroid開発モードに切り替えようかと。

「天気と風と波」Android版、だいたい半分位は作れてると思いますが、しばらく頭がiOS開発モードになっていたのでエンジンがかかるまでは2,3日かかるかと。面倒な部分が2画面位残ってますしね。
まぁ来月中くらいにはなんとかなりそうな気はしています。

Macのディスク容量が限界にきていて、日に何度も開発時のワークファイルとか削除しないとダメな状況でして、そろそろ新しいマシンが欲しいなぁ〜と。
しかもなんだかMacの筐体が少し歪んできているような…
バッテリーかなぁ?

「天気と風と波」高解像度降水ナウキャスト v1.0.1

s_jma_2020100-1.png

気象庁サイトの内容に変更があり、アプリ「天気と風と波」for iPhone を少し修正しました。
現在既にストアで公開中です。

公共サイトにCMを入れるのもどうかと思うのですが(なんだかNHKにコマーシャルが入る感じですかねぇ)とりあえずはオリジナルも❶のボタンタップで消せるようにはなっています。
ただ、他の設定はWebStorageで保存できるのに、この設定だけは保存されずに毎回表示される仕様のようです。

ってことで、❷の方はアプリ側で付けたボタンになります。こちらは設定を保存するので一度設定すると次回からは自動で広告枠は表示しないようになります。そして、ボタン表示は右の画面のように「広告表示」となり、もう一度タップすると広告枠を表示するようになります。

ちなみに❷のボタンはどちらの表示でも約5秒程度で消えるようになっています。

税金使ってこんな修正するくらいなら、表示をイマドキの高精細デバイスに対応したRetinaにするとか、アイコンやらページデザインをもう少しなんとかするとかして欲しいです。
「不具合ではございません」てのもなぁ〜(笑)
それにしても、どんな広告が入るんだろう??

どうする「天気と風と波」のAndroid版

s_explanation_surf_jma_01_01.png

「天気と風と波」のAndroid版は作らない予定だったのですが、考えてみると今今メインで使ってるデバイスは iPhoneよりは Pixel4 でした…
なので、ほぼそちらに波情報関連のアプリも入っていて、やっぱしAndroid版がないと自分が不便…
とくに高解像度ナウキャスト(雲の動き)はゲリラ豪雨とかもチェックできるので使いたい!
他のアプリで同等の機能はあるけど、やっぱり自分が作ったアプリの方が使い易いし、なにより愛着がある!!

そんなわけでやっぱりAndroid版も作る事にしたのですが、Androidアプリ、既に8ヶ月位は作って無くて、こんなに空くとほぼすっかり色々忘れてます ( ゚д゚)ポカーン
ってことで、色々新しい知識も頭に入れていかないと(一時的にですけどね)ならず、開発に加速が付くまで時間かかります。まっ、のんびりやりますかねぇ。
どのみち、既存のAndroidアプリも、レギュレーションの変更に伴い修正しないといけないし、その準備体操みたいな感じですかね。

あっ、そうそう、パダワンがiOS版アプリの方の宣伝をしてくれました。面白い記事なので是非に〜!

サポート終了アプリ

iOSアプリもAndroidアプリもOSのバージョンアップ等に伴い度々レギュレーションも変更になり、個人デベロッパーとしては都度対応するのにも限界が出てきました。
ってことで、古いアプリを各ストアから削除し、今後のサポートを終了とすることにしました。

今回サポート終了となるアプリは以下3本です。

iOS版

写真加工アプリ

iOS/Android版

波乗りナビゲーター - Let’s surfing

公開は終了となりますが、既にダウンロードして利用中の方はそのまま利用はできます。ただし削除した場合、その後のダウンロードは出来なくなります。

iOSアプリ「天気と風と波」リリースしました!

s_blog_surf_jma_01.png

iOSアプリ「天気と風と波」が本日AppStoreで公開されました。

ダウンロードはこちらから!

「天気と風と波」は気象庁が公開しているパブリックデータを利用し、天気図、天気予報、沿岸や外洋の風と波情報、タイドグラフ等をチェックできるiOSアプリです。

天気を確認したい場所をポイントカードとして登録できます。ポイントはマップから指定するだけで簡単に設定できます。
後は、ポイントカードをタップするだけで色々な気象情報を簡単に確認できます。
カードには直近の天気、風向/風速、気温を表示しているので、登録したポイントの今後の気象状況即座にチェックできます。

これからの台風シーズに向けて、リアルタイムな雨雲や雷のチェックもできます。是非ダウンロードしてみて下さい。

「天気と風と波」高解像度降水ナウキャスト

s_explanation_surf_jma_01.png

「天気と風と波」の高解像度降水ナウキャスト画面についての説明です。
この画面は、ポイントの気象情報画面のタブ「天気図/雲の動き」から「雲の動き」ボタンをタップすると、登録ポイントの座標付近の高解像度降水ナウキャスト情報(雨雲や雷等の動き)を確認できます。

この記事を書いているときは、愛知県の田原市で雨雲が活発だったので、スクリーンショットはそのポイントを使っています。

左のブルー表示が実況で、右のイエロー表示が予報です。どちらも1時間ずつ5分毎の画像を確認できます。「再生」ボタンで動画のように見ることもできます。

この気象庁のデータは5分置きに更新されます。アプリでは自動更新はしないので、適時リロードボタン(上のスクリーンショットの赤矢印部分)タップで更新できます。

この画面は、ほぼ気象庁サイトのWEBページをアプリにインライン表示しているだけなので、使い方の説明やインライン表示内のボタン等はサイトの説明通り使えます。高解像度降水ナウキャスト以外にも、今後の雨、土砂災害、浸水害、洪水もメニューから切り替えて表示できます。
詳しい使い方はヘルプ(上のスクリーンショットの赤丸部分の「?」)から参照できます。
もっともただインライン表示するだけでは使い勝手が悪いので、位置やズームの設定、デザインの外観(カラーや文言)はアプリからコントロールして変更しています。

s_explanation_surf_jma_02.png

アプリのダウンロードはこちらから!

iOSアプリ「天気と風と波」

s_surf_jma_01.png

追記:2020/9/4 リリースしました
ダウンロードはこちらから!

「タイドwithお天気系」のアプリは幾つかつくりましたが、今回はサーファーや釣り人向けというより、少し一般向け(?)に作ってみました。
とはいえ、まぁー、やっぱり海人よりかなぁ(笑)

データは全て気象庁サイトから取得しています。『気象庁サイトのパブリックデータを使っても割とイケるじゃん!』みたいなのを狙ってみました。 ホントはもう少しデータが細かくとれるといいのですけどね、月に何十万も払えばそういったデータも使えますが、それはこのアプリ利用者が数十万人とかにならない限りはムリポですね。

これから申請するので、公開にはしばらくかかると思います。これからマニュアルも書かないとだし…
ってことで、とりあえず、いくつかスクリーンショットを公開してきます。全部じゃないですけどね。

s_surf_jma_02.png

このあたりは、わりと一般向けかな。
高解像度降水ナウキャスト、ほんとは Yahoo!天気のAPI使ってもう少し綺麗に作りたかったのですが、今年の10月でサービスが終了するとのことで利用できませんでした。これは気象庁で公開してるページを WKWebView でラップして強制的に色々コントロールしてます。
アメダスは画像無いですが、対象ポイントの近隣にあるアメダス観測装置のデータを1時間毎の実績として表示できます。風速、風向、気温、湿度、降水、日照データを取得できます。(設置装置によって取得でないデータもあります)

s_surf_jma_03.png

タイド系はお得意の分野ですからね(笑)
ただ、気象庁のデータには、日の出や日没、月の出や月の入り(及び月齢)の情報は無かったので、これは対象データの緯度経度等から計算して求めています。なので多少の誤差はあるかもですが、そもそも水平線や地平線が見えなければ、それ以上の誤差があると思うけどね。

今回、地図は Google のを使わないでAppleの地図を使っています。
使い勝手はこちらの方が数段良い気がするなぁ、面倒なWIBでの設定とかもないし。
今の所、このアプリのAndroid版は作る予定は無いので面倒のないApple版を使って見ました。

SurfTideWatch v1.0.2 申請中!

  • 投稿:
  • 更新:2020年4月29日
  • by
  • in

アプリ側処理のミスでタイドデータの更新が正しく処理されないケースがありました。
修正した新しいバージョン v1.0.2 を申請中で数日でアップデート可能になると思います。

v1.0.1 を利用の場合は「設定」から「全てのキャッシュを消去」してからタイドデータをアップデートすることで回避できます。
修正版が公開されるまでは上記の処理で回避して下さい。