メディア管理アプリ - 「アレッテ for iOS」v1.0.0リリース

  • 投稿:
  • 更新:2019年1月 4日
  • by
  • in

arette_v100.png

Blu-rayやDVD/CD/書籍などの保管場所を管理するアプリです。
アレッテどこだっけ?の「アレッテ」です。

保管場所はレベル管理(3次元)でき、例えば「箱-フォルダ-シート」のように設定すれば「Aの箱に入っている、フォルダ3の中の、4枚目のシート」といった管理ができます。

データはCSVでインポート/エクスポートできるので、PCからエクセルでデータを作成することもできます。

全国の道の駅を検索 - RS Station v1.4.2 リリースしました

  • 投稿:
  • 更新:2019年1月 4日
  • by
  • in

rs_station_142_ios.png

iOS/Android共に v1.4.2 にバージョンアップしました。すでにどちらもストアにて公開しています。
このバージョンより道の駅データをアプリから更新できるようになりました。データにバージョンアップがある場合はアプリの「設定」から更新できます。
現在のデータ最新バージョンは「2019/01/01版」となります。

その他、ニュースのサムネイルサイズをGoogleRSSニュースのサイズに合わせて調整しました。


道の駅の写真データやムービーをメデイアで保存しているなら、こちらのアプリ「アレッテ」も使ってみて下さい。
大量にあるメディアやファイルした写真などを物理的に管理し、いつでも見たい物がすぐに探せます。

アレッテとこだっけ?の「アレッテ」です。

全国の道の駅を検索 - RS Station v1.4.2 リリース準備中

  • 投稿:
  • 更新:2018年12月28日
  • by
  • in

a_rsst_db_update.png

アプリのアップデートも落ち着いてきたので、今後のアップデートは道の駅のデータ更新がメインになるかと思います。
なので v1.4.2(現在公開準備中)より、道の駅のデータをオンラインで更新できるようにします。

アプリ起動時に更新データがあるとメッセージで通知します。見逃しても、上記スクリーンショットのように、アプリの「設定」から確認できます。
更新は数秒で終わります。このアプリのアップデートと合わせて 2019年1月版のデータを準備していますので、最新版のアプリにアップデートしたら、アプリから道の駅のアップデートもお願いします。

2019年1月版のデータでは、以下6駅の情報が新規オープンの道の駅として更新されます。

  1. いくさかの郷(長野)
  2. 南信州うるぎ(長野)
  3. 飛鳥(奈良)
  4. なかやま(愛媛)
  5. たるみずはまびら(鹿児島)
  6. 﨑津(熊本)

iOS開発中アプリ「アレッテ」

  • 投稿:
  • 更新:2018年12月20日
  • by
  • in

Blu-ray/DVD/CDや本を管理するアプリを作ってます。

録画や写真を保管したDVDなんかが大量に増えてきて、ケースに入れて適当にダンボールに放り込んでいたのですが、さすがにカオスで探したい物がまったく見つかりません…
ってことで、昔取った杵柄ではないですが、ファクトリーオートメーションで立体自動倉庫系の制御/管理システムの作成に数年携わっていたので、在庫管理アプリみたいな感じで作ってみました。
とりあえずは、適当なケースに2穴ファイリングにDVDとか入れて整理して、Excelでデータ化してインポートして使って見ようと思ってます。

つか、これアプリ作るより先に物理的な物を整理しないとどうにもならんのですが、丁度年末大掃除時期ですしね(笑)
でも、年内に終わるのか…

アプリの方は、ほぼ出来上がっているのですが、実際に自分のデータを入れてみて使ってみたいのでリリースはもう少し先になるかと。

SurfTideΔの使い方:フィッシングモードについて

  • 投稿:
  • 更新:2018年12月 5日
  • by
  • in

std_how_to_003.png

目安として潮の動く時間をタイドグラフから算出して画面に表示しています。
この時間帯は潮が動くので魚の活性が上がり、食いが良くなると一般的に言われています。また波乗りにおいても潮が動くということは、サイズが小さいときでも若干波が上がる可能性があります。

タイドグラフの計算を20分単位で算出しているため、このフィッシングモードもその単位で上げ下げの歩合を計算しています。なので最大で20分の誤差はありますが、だいたいの目安として釣りや波乗りのときに参考にしてみると良いかと思います。
潮の動く時間帯が日付をまたぐ場合は、開始は 00:00 終了は 24:00 となります。

SurfTideΔ ニュース表示のUIを一部修正

  • 投稿:
  • 更新:2018年12月 5日
  • by
  • in

SurfTidedDelta_20181205.png

iOS版は v1.0.3 Android版は v1.0.2 として最新版が各ストアで公開されています。
ニュース画面のサムネイル画像サイズに変更があったので(Google rss ニュース)UIを少し調整しました。他に Android版については天気情報の表示中に、データ内容によって異常終了するケースがあったので修正しています。

SurfTideΔ と RS Station のニュースについて

  • 投稿:
  • 更新:2018年11月28日
  • by
  • in

SurfTideΔ と RS Station では Google の RSSニュースフィードを利用して関連ニュースを配信しています。この仕様が変わったため、昨日から一時的にニュース画面の情報が正しく表示されませんでした。
現在はサーバ側の処理を修正して新しい仕様のRSSデータをアプリで正しく表示できるようになっています。

この件でアプリの更新は特にありませんが、サムネイルの画像サイズが変わったため見栄えが少し変わります。またキャッシュが有効な間はサムネイル画像が不揃いになることがありますが、キャッシュが無効になれば正しく揃うようになります。

以前は各カテゴリで20件までのニュースを表示していましたが、今回のサーバ側修正により、過去5日前までのニュースを表示するように変更しました。

SurfTideΔの使い方:スワイプでの操作について

  • 投稿:
  • 更新:2018年11月26日
  • by
  • in

SurfTideΔ(iOS/Android共通)の各種スワイプ操作について説明します。

まずは、メインのタイド画面での操作です。
std_how_to_001.png

わりとよく使うのはスワイプダウンによる「本日」への移動かと思います。このスワイプダウンはタイド画面で天気情報を表示している場合も有効です。
天気情報を表示している場合は、左右のスワイプは情報のスクロールとなるので、スワイプアップとダウンのみ有効になります。

次に、天気図画面での操作です。 std_how_to_002.png

こちらもわりと使うのはスワイプダウンによ「24時間後の予報」かと思います。スワイプアップで実況天気図の一番最新を表示できます。
左右のスワイプは表示可能な天気図(N/Aをスキップする)を順次表示できます。

スワイプ操作を覚えておくと、メニューからの操作やリストからの選択をスキップして、よく見る情報へ直接アクセスできるので便利かと思います。

これらの説明は、一部使い方説明にも記載していますが、使い方説明で書き切れない細かな操作を今後も紹介していきます。

SurfTideΔ for iOS v1.0.2 AppStoreで公開

  • 投稿:
  • 更新:2018年11月26日
  • by
  • in

SurfTideΔ for iOS をバージョンアップしAppStoreへ公開しました。
オフラインでも(インターネット接続が無くても)、利用できるキャッシュがあるなら既存の情報をなるべく表示するように改善しています。他は細かなバグの修正と、ニュース表示まわりのUIを改善しています。

SurfTideΔ for Android v1.0.0 PlayStoreで公開

  • 投稿:
  • 更新:2018年11月22日
  • by
  • in

surftidedelta_inst.png

SurfTideΔ for Android が正式リリースとなりました。v1.0.0-R06 でβテストしていたバージョンのテストが全て完了し、そのままリリース版となりました。
既に公開しているSurfTide7の後継になりますが、SurfTideΔとSurfTide7は並行して公開しますので、どちらか好みの方を使って見て下さい。 どちらもデータソースは同じなのでデザインや機能での好みになると思います。
先行してリリースしている iOS版と UI/UX は同じになっています。


SurfTide7は Java を使って旧来の手法で書いていましたが、このバージョンより kotolin + RxJava2他を使って書き直しています。
手法としては iOS版で利用している Swift + RxSwiftに近くプログラムの構成や構造はよく似ています。(UIが同じですしね)
ただ、細かなシンタックスは違うので、並行してコードを書いていると良く混乱しますが…

SurfTide7 は今後も残していきますが、作成してから既にかなり年数が経過しており、アプリとしては完成した感があります。なので今後も微調整はしていきますが大きく機能を追加することはありません。
変わりに、なにか面白いアイデアが出てきたら、新しくリリースした SurfTideΔ にインプリメントしていきたいと思います。